5,400円以上(税込)で送料無料(北海道・沖縄は送料550円)
ホーム > チルド餃子をカリッと美味しく焼く5つのコツ

チルド餃子をカリッと美味しく焼く5つのコツ

2022年1月10日
コラム




こんにちは!ぎょうざのビックファイブです。

皆さんはチルド餃子を美味しく焼く方法って知っていますか?

最近ではどんどん美味しくなってきているチルド餃子ですが、

焼き方によっては更に美味しく、カリッと焼き上げることができます。

手軽に安く楽しめるチルド餃子をもっと美味しく食べるための焼き方をご紹介します。

チルド餃子を美味しく焼くコツ1「フライパンで隙間を空けて焼く」

チルド餃子をフライパンで焼く際によくやってしまうのが、フライパンに対して餃子をぎちぎちに詰め込んでしまうということです。

フライパンの中に隙間なく餃子を入れ込んでしまうと、フライパンに熱が通りにくくなり、

焼ける時間も長くなってしまう場合があります。

また餃子と餃子がくっついていると餃子同士の皮がくっついてしまいます。

焼きあがった時に皮が破れてしまったなんてことにもなりかねません。

まずチルド餃子を焼くときには、フライパンの中で餃子と餃子にスペースを作って焼いていきましょう。

目安として、直径26センチのフライパンに8~10個を目安に焼いていくと良いでしょう。

チルド餃子を美味しく焼くコツ2「餃子をフライパンに押し当てて焼き目をつける」

最近では油を使わない餃子も登場してきましたね。

テフロン加工されているフライパンであれば、油を引かないで焼いても良い餃子が沢山登場しています。

むしろ油を引かない方が、焼きあがった時に皮がパリッと仕上がることもあります。

チルド餃子を美味しく焼き上げるために、ここで一工夫をしてみましょう。

餃子をフライパンにギュっと押し付けて焼いていきます。一度餃子を押し付けて焼くことで、

餃子に綺麗な焼き目がつきます。食べた時にも香ばしさが増すのでおすすめです。

チルド餃子を美味しく焼くコツ3「蒸し焼きに使うのは水ではなくお湯」

焼き目を付けたら、チルド餃子を蒸し焼きにすることもありますよね。

この時に気を付けたいのは、蒸し焼きに使うものは水ではなくお湯が良いということです。

水を使ってしまうと、フライパン内の温度が一気に下がってしまいます。

すると焼きあがるのに時間が掛かってしまったり、焼きあがった時に餃子の皮がふやけている・びちゃびちゃになっているなんてこともあります。

またチルド餃子ではなく、普通の餃子を焼く場合も水ではなくお湯がおススメです。

その理由としては、フライパンの温度が下がりやすいというのも一つの理由ですが、その他にも水だと餃子の皮に含まれているデンプンが溶け出してしまうといった問題もあります。

そのため餃子を蒸し焼きにする際には、水ではなくお湯を使うことをおススメします。

蒸し焼きをする場合、お湯を入れる量にも気を付けましょう。

一般的な大きさの餃子を使う場合、餃子にお湯が1mmから2mm浸かる程度を意識しましょう。

大きな餃子を蒸し焼きにする場合、餃子の高さに対して1/4程度お湯が浸かるくらいがおススメです。

そもそもチルド餃子は、一度蒸気で加熱済みとなっており、皮から具材まで全て火が通っています。

そのためチルド餃子の蒸し焼きは、餃子に程よい水分が戻り、温かくなればOKです。なのでチルド餃子で使うお湯の量は少なめでも大丈夫なのです。

チルド餃子を美味しく焼くコツ4「パチパチと音がなったら蓋を空ける」

蒸し焼きを終了するタイミングも、チルド餃子を美味しく焼き上げるためのポイントです。

蒸し焼き中にパチパチと音が鳴ってきたら蓋を外すタイミングです。

チルド餃子の場合、最初から具材に火が通っているので、蒸し焼きしたけど生焼けになってしまったという失敗は起きません。ここがチルド餃子の良いところでもありますね!

そのため餃子がある程度温かくなって、パチパチと音がしだしたら餃子の蒸し焼きが終わりに近づく合図です。

蓋を外したあとは、カリッと焼き上げるためにも、水分を飛ばすように焼いていきましょう。

チルド餃子を美味しく焼くコツ5「油で焼くのは最後」

チルド餃子に対して本格的に焼き目を付けるのは最後の行程がおすすめです。

油を少量たらしていきましょう。

注意点としては、油が餃子にかからないように、フライパンに回し入れ、

ゆすりながら油を広げていきましょう。

この工程で使う油は、餃子をしっかり焼くための行程では無く、餃子に焼き目をつける行程です。

そのためたっぷりの油を使わなくても良いです。あくまでも少量の油を使用しましょう。

チルド餃子も生餃子も美味しく楽しもう!

お手軽なチルド餃子もひと手間加えるだけで絶品餃子に早変わりですね!

しかしここで改めて生餃子の美味しさも知ってもらいたいところです。

チルド餃子を焼くときに、カリッと美味しく焼き上げるコツは、生餃子の焼き方にも共通するものがあります。

生餃子の焼き方については、別記事でも紹介していますので、是非ご覧くださいね!

生餃子ならではのおいしさ、チルド餃子ならではのお手軽さ。

どちらも餃子の大きな魅力だと思います。皆さんも餃子ライフを楽しんでくださいね!





ぎょうざのビッグファイブ情報

工場直売所でも販売している鹿児島産黒豚入り生餃子の「うんまか生餃子・しそ生餃子」をビッグファイブの公式通販サイトからお取り寄せ・ご購入できます。冷凍でお送りするので味の品質が全く落ちないのが強みです。

鹿児島にお住まいの方はイオン鹿児島さんの近くにお店がありますので、ぜひお立ち寄りいただけますと幸いです(^^)

〒891-0115 鹿児島県鹿児島市東開町4-74

ぎょうざのビッグファイブのSNSはこちら

■フェイスブック ぎょうざのビッグファイブFBページ

Facebookページはこちら

■YouTube

■インスタグラム

@bigfive.gyo_za

@bigfivegyouza

■ツイッター

@BigfiveGyouza

▼当店で販売中の生餃子はこちら!

ちゃこばあちゃんの黒豚入りうんまか生餃子(12個)タレ付【冷凍】

鹿児島産黒豚入り しそ生餃子(12個)タレ付
===

 

カテゴリー一覧