5,400円以上(税込)で送料無料(北海道・沖縄は送料550円)
ホーム > 【コラボ餃子第2弾!】「ボンタンぶり生餃子」〜鶴長水産×ビッグファイブ〜

【コラボ餃子第2弾!】「ボンタンぶり生餃子」〜鶴長水産×ビッグファイブ〜

2022年3月25日
コラボ




皆さまこんにちは。

いつもビッグファイブをご愛顧いただきまして、誠に有難うございます。

【コラボ餃子第1弾】の「小田牛の生餃子」、ご好評を賜りまして有難うございました。

【コラボ餃子】企画では、今後も生産者の方々へ感謝と応援の気持ちを込め、大切に育てられた美味しい食材、届けたい思いを餃子に包んでお届けしていきます。

そしてお待たせ致しました! 【第2弾】は海の幸がたっぷり、「ボンタンぶり生餃子」です!

OEM(相手先ブランド様の製造)という形で南九州を中心とした多くの企業様からご依頼を請け、

色々な食材を餃子に加工させて頂いている弊社ですが、今回はお魚を主な素材に使ったちょっと珍しい餃子です。

さてこの「ボンタンぶり」、はじめて耳にする方も多い事と存じます。

今回のGYOZA LABOでは詳しくご紹介して参ります!

コラボ餃子第二弾は、鶴長水産様の「ボンタンぶり」

鹿児島県の最北端のまち、出水郡長島町。

先日、取材でお伺いしたのですが、ゆったりと時間が流れるとても良い場所です。長島町の見どころについては『月刊旅色』さんもぜひチェックしてみてください♪

▶︎『月刊旅色』さんホーページ https://tabiiro.jp/fo-cal/nagashima/

長島は内海である八代海と、外海である東シナ海に囲まれており、様々な海産物に恵まれています。

中でも養殖ブリが大変有名で、その生産量は全国屈指。

とりわけ今回のコラボ餃子で使用する「ボンタンぶり」は、何とあの帝国ホテルからの御指名で納入もされている実績があり、その品質は折り紙付きと言えます!

鶴長水産さん
鶴長水産さんの加工場から、海の養殖場が見渡せます
鶴長水産養殖場
養殖場は、ゆったりとした風が流れる心地よい場所でした

生産元である有限会社 鶴長水産さんは、創業の1976年からぶり養殖業に携わってこられました。

長島海峡の恵まれた自然のもとで養殖業一筋に、ブリ・カンパチを育てられています。

強みはモジャコ(ブリ稚魚)探捕から養殖、加工、販売までを全て自社で行うこと。(取材日にはお魚にワクチンの注射を打つ作業をされていました! 手をかけて育てられていることが伺えます。)

社長の鶴長洋一さんは、自ら全国の相撲部屋に「昇格ぶり」を営業して回った経験もあるバイタリティ溢れるお方。

そんな鶴長さんが養殖ブリに高い付加価値を付けたいと、イノベーション事業として始めたのが「ボンタンぶり」の生産なんです。

長島海峡「ボンタンぶり」のここがスゴい!

「ボンタンぶり」のボンタンは、長島町のお隣、阿久根市の名産。

冬〜春に収穫されたボンタンを、薄皮と果実をシャーベット状にして餌に混ぜ合わせ、「ボンタンぶり」が生育されます。

この給餌方法も試行錯誤した結果、辿り着いた手法とのこと!

ボンタンは栄養分が豊富で、ビタミンCの含有量は柑橘類でもトップクラス。

調べると、アンチエイジングや風邪予防なんて嬉しい効能も…。さらにボンタンの皮には、エネルギー消費量を増加させて内臓脂肪蓄積を抑える作用や、脂質代謝の改善を助ける成分も入っているようです!

▶︎『山形 味の農園』さんホーページ

このまま食べても美味しく、体にとっても良さようなこのボンタンですが、

ボンタンをたっぷり食べた「ボンタンぶり」には、ちょっと驚きのこんな特長が!

・「ボンタン」の摂取により代謝が良くなったブリは、無駄な脂が排出されて身が引き締まる。

成長力はそこまで強くないが、”ムダに太らず”、 魚自体が健康に育つ。そしてボンタン効果で魚独特の臭みもとれる!

・無駄な脂が取れて食べやすく、魚の臭みが少なくてボンタンの香りがほのかにする、食べやすいブリが誕生!

また、「ボンタンぶり」は急潮として知られる長島海峡育ち。急潮に揉まれることでいっそう身が引き締まり、天然物にも勝る食感が味わえます。その食感は驚くほどにプリっプリっ!…だそうです!(「ボンタンぶり」そのまま、をまだ食べられていません…泣)一尾一尾、徹底した品質管理の元、愛情を込めて育てられています。

こんな特長のおかげか、鶴長社長のお子さんは普通のぶりではなく、「ボンタンぶり」しか食べないそうです!先述の帝国ホテルのほか、市場出荷、個人向けの直売など鹿児島をはじめ全国各地に出荷されており、根強いファンがいることが伺えます! ふるさと納税の返礼品に選んでいる方もいらっしゃるようです♡

ボンタンぶりの綺麗な目
つぶらで綺麗な瞳、程よく締まった光沢のある体に思わずウットリ

「ボンタンぶり」の加工の様子を拝見させて頂いたのですが、

冷たい水でしっかりと洗浄を行いながら、テキパキととても手際良く加工をされておられました!

そのスピードは見惚れるほど!

「ボンタンぶり」の新鮮さ・その魅力は語るより、見て頂く方が伝わるかと存じます!

こちらの画像をご覧ください♪(お魚をさばく画像が苦手な方はご注意ください!)

ボンタンぶりの真っ白なお腹
このお腹を見てください!真っ白で美しい…
ボンタンぶり3尾
ボンタンぶりの引き締まった身。3尾並ぶと迫力があります!
ボンタンぶり捌く様子
手早く一尾一尾、さばいていきます
ボンタンぶりを綺麗に洗う様子
余分な部分を洗い流していきます
ボンタンぶりの綺麗な断面
程よく脂をまとった、きらきらと綺麗な断面

…と、このように大事に美味しく育てられ、そして加工まで丁寧にされた「ボンタンぶり」。
これだけ画像を見ていただいた後は、やっぱり、食べたいですよね。
ここでいよいよ「ボンタンぶり生餃子」の登場です!
(ちなみに鶴長水産様のホームページはこちらです。
どうしてもお魚をそのまま食べてみたい!という方は公式通販ショップでお買い求めくださいね♪
▶︎『鶴長水産』さんネットショップ https://bontan-buri.co.jp )

ボンタンぶり出荷の様子
しっかりと包装をして出荷準備をされていました! 贈答用にも良さそうですね

「ボンタンぶり生餃子」、その秘密と魅力!

さて、こんなに魅力的なボンタンぶりを入れた「ボンタンぶり生餃子」、
開発過程では、やはりいつもの「お肉」とは勝手が違い、試食を重ねた上での味の調整が必要でした。
特に苦労したのが、ブリをメインに据えながらも、入れすぎて全体の<餃子バランス>が崩れないように配合比率を吟味した部分です。
何度も配合比率を思案し、試作を繰り返して適したバランスに仕上げました。
日々「素材=美味しさ」を信念に掲げて素材重視の製造をおこなっている弊社ですが、これまでの餃子とまた違った良さがある、臭みのない美味しいブリ餃子ができました!
ボンタンぶりの品質の高さにも、とても助けられました。
水餃子もできる、丈夫な皮にしたところもこだわりの一つです。

とっておきのボンタンぶり生餃子を、ぜひご家庭で!

さて、そのお味はと言いますと… これは!
お肉とはまた違った、あっさりと食べられる食感だけれども
魚独自の旨みを口全体で感じます。餃子で魚の美味しさを楽しめるのは、新しい体験です。
少しアクセントで入れたショウガも全体を引き締めています!
ボンタンの効果なのか、魚の臭みも感じず、パクパクと食べられそうな逸品。
ご飯ともとってもよく合いそう🍚✨
餃子好きの方にはぜひお試しいただきたい一品です。
また、お魚はなかなか手が出しにくいなぁという方も、餃子ならリーズナブル!
そしてお魚が苦手な子どもさん(もちろん大人の方にも…)も、餃子ならばこっそり食べてもらえそうです…。(コッソリ)
焼き餃子、水餃子、揚げ餃子!全て調理OKです。
色々な食べ方で美味しい「ボンタンぶり」の餃子をお楽しみください🥟


「ボンタンぶり生餃子」発売は3/29(火) 午前0:00~!

さて、その魅力をお伝えして参りました「ボンタンぶり生餃子」ですが、3/29(火)午前0:00~、オンラインショップで販売開始予定です。2ヶ月間、5月31日までの期間限定販売となりますので、ご注意ください。
お値段は1パック12個入りで500円(税込)です。

生で食べても美味しい「ボンタンぶり」を贅沢に詰め込んだ一味違った逸品、ぜひご賞味ください♪
(餃子は必ず加熱してお召し上がりくださいね🐟)
販売開始をお楽しみにお待ちください♪





 

カテゴリー一覧